インテリアコーディネーターって何をするの?

  • 居住空間の調和をプロデュースする仕事
    • インテリアコーディネーターのお仕事はどこから
    • 不動産会社との営業、打ち合わせ
    • 顧客の要望を聞き取り、コンサルティングする
    • 企画・提案
    • 現場管理
    • 細かなインテリアまで網羅して整える
    • 照明やトイレ、家具・家電の配置もトータルにコーディネート
  • インテリアコーディネーターになるには
    • 学校で専門的に学ぶ
    • センスだけでなく、建築学・心理学・製図技法などの知識を蓄える
    • 必須ではないが、推奨されている資格がある
    • 建築士の資格を持っていれば、優遇される可能性も
    • インテリアコーディネーター向きの性格
    • 接客・営業としてのスキルを積む
    • 会社に所属するか、得意ジャンルを極めるか、フリーとして腕を磨くか

インテリアコーディネーターのお仕事図鑑

インテリアコーディネーターの仕事は住環境をプロデュースする事です。住む方の好みや建築のコンセプトに合わせて照明、壁紙、カーテン、絨毯、家具などのインテリアエレメントと呼ばれるアイテムを整え部屋を部屋として機能するもののします。

その他にもインテリアコーディネーターはお客様が考える暮らし(=住環境)を実現するため、業者との間に立って仕事をします。

インテリアコーディネーターは、今、非常に注目されている職業です。かつては外で仕事をしあるいは遊んでいる時間こそが人生の重要部分でしたが、仕事の仕方、遊び方、生活スタイルの変化によって家に居る時間が大きな部分を占めるようになりました。

その為、皆が住環境の事に興味を持つようになり、そこに自分らしさを求めるようになりました。そのような一般の人が自分の理想の住環境を手に入れるためには、建築やリフォームをする側と適切な調整をするインテリアコーディネーターの存在が欠かせません。

住宅を売る側でも「家や部屋を売り込む≒暮らしを売り込む」という認識が定着してきました。そのため住環境のスペシャリストであるインテリアコーディネーターの仕事は重要で、活躍の場は今後ますます増えるだろうと予想されるのです。

インテリアコーディネーターのお仕事図鑑

居住空間の調和をプロデュースする仕事

居住空間の調和を生み出す為に。

インテリアコーディネーターになるには

インテリアコーディネーターになるにはいくつかのパターンが考えられます。

Copyright(C) 2011 - インテリアコーディネーターのお仕事図鑑 - All Rights Reserved.